GUCCI(グッチ) サングラス 販売館 海外洗剤・洗濯グッズ販売館

花粉症とお酒の関係


花粉症の知識 花粉症とお酒の関係

花粉症のとき、お酒は飲んでもいいの?

花粉症の知識として、お酒との関係を知っておいたほうがいいでしょう。私は大のお酒好きで、ほぼ毎日お酒を飲みます。


最近は、弱くなりましたが・・・


では、お酒は花粉症にどのような影響を与えるのでしょうか?


お酒は鼻の粘膜を流れる血液の量を変化させ、鼻づまりの原因になります。なぜなら、血液の中のアルコール分は、脳の神経を麻痺させます。特に交感神経のはたらきを弱くするんですね。

交感神経には、血液の流れを調節する重要な役割があります。

この神経が麻痺してしまうと、血流の障害を起こし、鼻の粘膜内を流れる血液の量が減り、うっ血状態になってしまいます。


その結果、鼻の粘膜が腫れて、鼻づまりの原因になるのです。



花粉症の人は、そもそも鼻の血液の流れが悪く、

鼻がつまった状態になっていますので、


お酒を飲むことで「鼻づまり」をさらに悪化させることになるんですね。


花粉症の間は、お酒はほどほどにしたいところです。

そうはいってもねぇ・・・・もうやだ〜(悲しい顔)
タグ:花粉症
最新!おすすめ記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。